--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/19 (Thu) 番地の違い

台北に来て驚いた事の1つが住所。



日本のアパート、マンションというのは

1つの建物は同じ番地で、その後に部屋番号が続きますよね?



例えば

長崎県長崎市○○町1丁目1番1号 101号

お隣の部屋は

長崎県長崎市○○町1丁目1番1号 102号

というふうに・・・




台北では、同じ建物でも番地が違うんです。

例えば・・・
番地

上記の赤い部分が1つの建物の3階部分とすると

(○○路、××路というのは、通りの名前です。)



① ○○路 5号 3階

② ○○路 6号 3階

③ ××路 1号 3階

④ ××路 2号 3階



というふうに、その建物の通りの名前に沿って番地が付けてあり

同じ建物でも各部屋すべて番地が違うんです。




別の階で同じ位置にある部屋の場合

住所の最後の階数が違ってきます。


例えば上記の図が10階部分だとすると



① ○○路 5号 10階

② ○○路 6号 10階

③ ××路 1号 10階

④ ××路 2号 10階



などなど・・・




台北に来る前に

先に台北に行っていた旦那様に

家の住所を教えてもらった時



 「台北市 ○○区 ○○路 ○号 5階」



と聞き

住所の最後が階数のみだったので

「1フロアに1世帯? キャ~♪ 広い部屋かしら?」なんて

喜んで台北にやって来たら・・・




とんでもなかった。。。

スポンサーサイト

生活・文化 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP |

プロフィール

♪jun♪

Author:♪jun♪
夫とボストンテリアと台北の生活を楽しんでおります。
現在、週1(月曜)更新とUPが少なめですが 宜しくお願いします。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

訪問者

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。