--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/13 (Thu) 電器交換

うちのリビングの電器って「どっかの事務所?」って感じなんです。
 ↓
電灯


趣味うんぬんの以前の問題です。
(まぁ、悪趣味のシャンデリアも嫌ですが・・・)
これでは家に居ても落ち着きません。

ということで、照明を購入しました。

喜んで帰宅したものの 電球のサイズが違いました・・・ガックリ。

サイズというのはワット数ではなく、
取り付けるネジの部分のサイズが違うので 照明に取り付かない!!!
購入する際に、ワット数ばかり気にして
ネジの部分なんて考えてもいませんでした(トホホ)

  余談ですが、台北(我が家)の電気料金は2ヶ月に1度
  請求書が送られてきます。
  電気代は日本に比べてとても安い!
  クーラーを使用していない期間ということもありますが、
  10月~11月の2か月分の電気代は3500円もかかっておりません。
  安いですよねぇ~。

次の日、私はドキドキしながら1人で電球を交換に行って来ました。

照明売り場の方はすぐに私の話を理解してくれて、
サービスカウンターに連れて行ってくれ
サービスカウンターの方も了解し、レジに連れて行ってくれました。

ここまで順調だったんですが、
レジのオジサンが・・・理解してくれない・・・

「この電球、いらないんでしょ?」の一点張りで
私に渡してくれないんです!!
私は「だからぁ~」って一生懸命 説明するんだけど、無理。

そんなこんなしていると、
私の後ろに サングラスかけて髭をはやしたちょっと怖そうなお兄さんがレジに並びました。

レジのオジサンは そのお兄さんに「ちょっと待ってくれ!」と頼み
私に中国語で色々と説明してくれるんだけど・・・理解不能。

時間も長引き、そのお兄さんの表情が段々と怖く見えてきた・・・その時・・・

お兄さんが「わかった!」って・・・


   はっ?


私が何をしたくて、オジサンに何が伝わっていないのか 理解したご様子。

結局、そのお兄さんがレジのオジサンに説明してくれ
無事に電球を受け取ることができましたぁ~♪

怖いと思っていたお兄さんはとっても優しくって
「いつ台湾に来たの?」などずっと話かけてくれました。
結局、私のレジが終わるまで 側にずっとついていてくれて
最後に「これで終了。台湾生活を楽しんでね♪」と去って行きました。

本当に助かりましたぁ~。
ありがとうございました。


やっぱり言葉って大事ですね!
もっと、勉強しなきゃ!


お兄さんのお陰で、やっと落ち着く部屋になりました。
電灯2

スポンサーサイト

言葉 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

♪jun♪

Author:♪jun♪
夫とボストンテリアと台北の生活を楽しんでおります。
現在、週1(月曜)更新とUPが少なめですが 宜しくお願いします。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

訪問者

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。